本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

HOME > カウンセラーリスト > 中本テリー Teri Nakamoto

カウンセラーのご紹介「中本テリー(Teri Nakamoto)」

中本テリー Teri Nakamoto

ハートコンシェルジュのカウンセラー紹介
中本テリー
Teri Nakamoto

プロフィール

資 格
臨床心理士、 臨床心理学博士

担 当
法人

経 歴
San Diego State University(サンディエゴ州立大学)でカウンセリング修士号取得後、CSPP/Alliant International Universityで臨床心理学博士号を取得。米国カリフォルニア州最南端にあるサンディエゴ市で、メンタルヘルス施設や総合病院内の精神科にて、個人、カップル、家族、グループに対するカウンセリングと心理アセスメントに従事。2009年に帰国し、現在は大学院で心理学を教えながら、様々な機関でカウンセリングや教育に携わる。

自己紹介
日本で長年、コンピュータ・エンジニアとして働いていましたが、「今の日本人にはコンピュータよりもカウンセリングが必要!」と思い、再渡米し、臨床心理学者になりました。自分を信じて、自分をいじめないで、でも、ちょっとの背伸びを続けたら、夢は叶う、と信じています。日本以外の国に住んでみたから、日本の良さも、住みにくさも、より感じられるのかも知れません。トルコ共和国に住んだ時に覚えた言葉、"Yavas, Yavas" (ヤワッシ・ヤワッシ)、「ゆっくり」と言う意味ですが、これが私のモットーです。

「カウンセリング」とは?
人間対人間の正直な交わり・ぶつかり合いの場だと思います。人はそんなに器用ではありません。金太郎飴のように、どこを切っても同じ自分が、あっちにも、こっちにも登場します。それが良く作用したり、出て来て欲しくないところに出てきたり。それも自分です。自分を知りながら、「生きる意味」を一緒に考える時間を共有したいと思います。

相談可能分野

心の病、体の問題、対人関係、子育て、ひきこもり、発達障害、認知症など、どんな相談でもどうぞ。アサーション他各種トレーニングもいたします。

ライフスタイルとして続けているのは、がん患者とその家族を対象としたカウンセリングです。

対応可能な心の病

統合失調症、気分障害、不安障害、摂食障害、解離性障害、PTSD、認知症ほか、どんな心の病にも対応いたします。

心の病の根底にある不安や欲求、そして人が持つ感覚・感情・認知にフォーカスします。

用いるカウンセリング手法

森田療法、ロゴセラピー、ゲシュタルト療法、来談者中心療法、家族療法、認知療法、認知行動療法、芸術療法、マインドフルネス的アプローチ他さまざまな手法を使います。

専門は統合心理学です。さまざまな手法を必要に応じて採用しますが、一番魅かれるのは「生きる意味」を考える、実存的アプローチです。

こちらから会員登録のうえ会員様ページにログインしていただきますと、各カウンセラーのご予約可能日時をご覧いただけます。

会員登録|カウンセリングのハートコンシェルジュ

▲ページの先頭へ