本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

HOME > カウンセラーリスト > 青山 初音 Hatsune Aoyama

カウンセラーのご紹介「青山 初音(Hatsune Aoyama)」

青山 初音 Hatsune Aoyama

ハートコンシェルジュのカウンセラー紹介
青山 初音
Hatsune Aoyama

プロフィール

資 格
英国政府認定大学院アートセラピスト資格取得

担 当
個人・法人

経 歴
日本において博物館学芸室、大学研究室、外資金融勤務後、渡英。英国立ハートフォードシャー大学大学院アートセラピー修士号取得。ケンブリッジ大学アデンブルックス病院精神科病棟、フルボーン病院、プリンセス・オブ・ウェールズ病院にてアートセラピストとして、個人・グループセッションを担当する。ロンドンの特別支援学校にて様々な障碍をもつ子供たちとのセラピー経験を積む。日本帰国後は中東、アメリカ、ロシア、中国、東南アジア各国の厳しい現場で働く海外駐在員に現地でのアセスメント・カウンセリング、企業のメンタルヘルスコンサルテーション、及び病院での心理検査等を担当している。

自己紹介
イギリス生活で痛感したのは、想像以上に言葉や文化の違いに戸惑ったり、もどかしい気持ちになったことです。時にはその違いを楽しむこともあり、また同じ部分や似たところを実感した時はほっとしました。ところが、日本人として日本で生活していても、同じ言葉と文化なのに、いろいろな「違い」や「ずれ」などに直面し難しさを経験することは私たちの生活の中でよくあることです。カウンセリングではそれぞれのニーズや状況を考慮し、安心できる空間で「個」を大切にしながら1歩1歩進みます。

「カウンセリング」とは?
日常生活の中で、私たちはいろいろな人とコミュニケーションをとっています。状況によってはわかるのも、わかってもらうのも、思いのほか難しく、疲れてしまう時もあります。ところで、自分自身とはコミュニケーションがしっかりとれているでしょうか?いろんな「自分」をみつめていくのにカウンセリングをもっと多くの人に利用していってもらえたらと考えています。

相談可能分野

心の悩み、結婚・離婚・家庭や恋愛(不倫等も含)、子育て、認知症のお年寄りとその家族の相談、親しい方や家族を亡くした喪失体験、職場人間関係、学校関係(不登校・ひきこもり・いじめ等)、虐待・DV等の被害、発達障害

留学カウンセリング(主に心理面)も対応可

対応可能な心の病

統合失調症、短期的な精神病、妄想性障害、大うつ病、双極性障害(旧躁うつ性障害)、精神病性の気分障害、軽度のうつ、気分循環性障害、パニック障害、PTSD、強迫性障害、社会恐怖、自傷、解離性障害、心気症、身体化障害、性障害、性同一性障害、学習障害、自閉症、アスペルガー、ADHD、摂食障害、睡眠障害、適応障害、パーソナリティ障害、認知症(アルツハイマーも含む)

お客様の状態によって必要に応じ提携医療機関と連携して対応することもあります。

用いるカウンセリング手法

来談者中心療法、認知行動療法、精神分析的療法、家族療法、フォーカシング、自己心理学、ゲシュタルト療法、イメージ療法、箱庭療法、芸術療法

お客様の状態、環境、性格などを考慮し、様々な手法の中からお客様に合ったケアプログラムが可能となる手法を選択します。

こちらから会員登録のうえ会員様ページにログインしていただきますと、各カウンセラーのご予約可能日時をご覧いただけます。

会員登録|カウンセリングのハートコンシェルジュ

▲ページの先頭へ