本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(43)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(43)」

組織が崩壊するとき(43)

社長のおびえのサインが見つかったら、こちら(No.2)は、より落ち着くことができます。そうすると、その落ち着きが、徐々に社長に伝染していき、社長の怒りが収まってきます。

それと並行して、社長が採用しようとしている案についてのメリット、デメリットをあげ、デメリットが大きいことを論理立てて説明します。

デメリットが明らかになると、社長の傲慢さは、超過敏なモードに変換していきます。

そうなるとしめたものです。社長は、表面上はともかく、内心では、No.2に救いを求める姿勢になっていきます。

この時点で、代替案を説明するとよいでしょう。要は、代替案で不安を解消させるわけです。

こうしたプロセスを繰り返すうちに、社長は、現実的なNo.2を信頼し、知恵袋のように感じるようになります。こうなると、現実的なNo.2は、社内の足場を作ることができます。

その足場を基礎に、第1期のうちに社内に自由な意見交換ができる雰囲気を作っていくことが大切です。

そうした雰囲気が出来上がると、共依存的なナルシストたちの出番がなくなります。そこまでいけば、ひとまず安心です。しかし、その安心がいつまで続くかはわかりません。共依存的ナルシスト達が、現実的なNo.2を引きずり降ろそうと執拗に狙っているからです。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ