本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>第572回「組織が崩壊するとき(42)」

役に立つ心理学コラム「第572回「組織が崩壊するとき(42)」」

第572回「組織が崩壊するとき(42)」

No.2はきちんと正面切って、社長に物を申すことです。社長の内面では、実は、非常におびえており、安心を求めています。

意見を言うと、社長は反発し、怒りだすかもしれません。多くの場合、社長が怒り出しそうになると、No.2は、おびえて下を向いてしまうのですが、それは、逆効果です。No.2のおびえが、社長に伝染し、それが、社長の根源的な恐怖を刺激します。そして、その刺激を覆い隠すかのように、社長が、ますます傲慢化し、怒り狂ってしまうからです。

社長が反発し怒り出した場合、しっかりと顔をあげて、ゆっくりとした呼吸をしてください。そして、社長の表情をよく観察することです。社長の怒りの中には、必ずおびえのサインがあります。目が泳いでいたり、チックがあったり、口元がゆがんでいたりしているのが認められます。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ