本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(34)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(34)」

組織が崩壊するとき(34)

ところが、安定しちゃうと、どうもいけません。

第二次世界大戦時の体制だけでなく、その後数十年後のバブルの時代などにも、どうも傲慢な姿勢がプンプンします。

会社員時代、ちょうどバブルの真っ最中の時代に、僕は、シカゴに出張に行ったのですが、そのとき、日本のサラリーマンとおぼしき40代ぐらいの集団が、「アメリカもたいしたことない」とか、「もう、アメリカから学ぶものなんてないね」などと声高に話していたのを見たことがあります。まったく増長していますね。

日本は、油断すると、「限りなき成長への邁進」→「No.2ナルシストの台頭と成長の限界」→「内部粛清と現実認識の欠如」→「リスキーシフト」→「組織崩壊」といった組織崩壊のプロセスを国家的にやってしまう傾向があるのではないかと、僕は考えています。

今の日本は、「内部粛清と現実認識の欠如」あたりのところにいるんじゃないですかねぇ。


派遣切りなんかは、内部粛清と言えますし、恐慌とまで言われている世界的な不況に対して危機感のないスローな政府の対応などを見ていると、現実感覚が全く欠如していると言わざるを得ません。


「リスキーシフト」から「組織崩壊」に至らなければよいのですが・・。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ