本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(33)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(33)」

組織が崩壊するとき(33)

そうしたことは兵法の基礎ですからわかっていたはずだと思うのですが、結局は、トップたちの「自分たちは優れている」といった自己過信や、失敗の責任をとろうとしないプライドや自己正当化、特に後半戦争は明らかに負けているのに、「神州不滅」の主張の下に、その現実を認めようとしない否認の自我防衛機制やカテゴリーエラーなどの集団的なナルシズムによって、無視されていったのだと思います。


日露戦争時は、明治維新で開国した日本全体が、海外に追いつくべく努力をしていた時期であり、軍事的な戦略や戦術を海外から学びつつあった時期であるのに対し、第二次世界大戦時には、自分たちは一流であるという奢り高ぶりが表にあらわれてしまった結果、こうした差が出てきたのでしょう。


日本人は、目的が明確で、謙虚に物事を学ぼうとする姿勢があるとき、すごい力を発揮するのではないかと思います。

明治維新後にあれだけ短期間に近代化をなしとげたことや、第二次世界大戦後の経済復興と成長は、だれにも予測できなかったような快挙です。そこには、勤勉さだけではなく、独創性の発揮もあるように思います。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(378)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ