本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>心理学との出会い(6)

役に立つ心理学コラム「心理学との出会い(6)」

心理学との出会い(6)

確かに、人間は、集合的無意識を持ちながら生まれてくるのだろうけれど、そして、そうした領域にアクセスできる乳幼児の時代は、全てが一体であるような感覚を持つので幸福なのだろうけれど、それは、プレパーソナルな状態だとウィルバーは言います。

つまり個というものがまだ十分に存在していないわけです。非常におおざっぱに説明しますと、その後自我が形成され、個を意識するようになり、さらにその個を持ちながら再び全体との一体化を認識するようになるのが人間の成長の過程だとのことです。

そして、個を意識する段階をパーソナルな状態、個を持ちながら全体性を意識する状態をトランスパーソナルな状態と言います。

人間は、プレパーソナル→パーソナル→トランスパーソナルと成長していくと言うのが、ウィルバーの考えでした。

こうした成長過程があるのであれば、人が生まれてきて成長する意味もあるんだろうなと、当時僕は感動したものです。

少なくとも、この考えにしたがえば、幸福なプレパーソナルのままでいることが必ずしもよいわけではなく、トランスパーソナルな成長へと向かうのが、生まれて成長していく目的でもあると解釈できます。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ