本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>宗教または、スピリチュアルな問題?(7)

役に立つ心理学コラム「宗教または、スピリチュアルな問題?(7)」

宗教または、スピリチュアルな問題?(7)

『「宗教的または、スピリチュアルな問題」ないしは、「スピリチュアルエマージェンシー」に直面するのは、精神的な高みに達している証拠である』という誤解は、スピリチュアルなエリート主義とでも呼ぶべき特権意識で、そうした特権意識に陥ると、精神的な成長は停滞し、極端な場合には、退行を起こすこともあると言えるでしょう。

こうしたスピリチュアルなエリート主義に陥った人たちは、例えば、超能力の獲得に耽溺します。オーラが見えても、スプーンが曲がっても、空中浮揚ができても、それが精神的な成長の証しではありません。

スピリチュアルなエリート主義を加速させる大きな要素となり得るのは、実は、非常にポジティブな体験とされる至高体験です。

至高体験とは、自己を受容し、自分と他者や自然や宇宙とのつながりを実感する、言葉では言い表せないような高揚体験です。

至高体験は、自己実現の瞬間的達成であると言えます。自己実現とは、自分の能力潜在性をいかんなく発揮できるような状態です。

しかし、至高体験とは、あくまで瞬間的で、部分的な覚醒であって、悟りの体験でもなければ、最終的な成長のゴールではありません。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ