本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>自己実現に向かうプロセス(4)・・たまねぎの皮むきと自己受容

役に立つ心理学コラム「自己実現に向かうプロセス(4)・・たまねぎの皮むきと自己受容」

自己実現に向かうプロセス(4)・・たまねぎの皮むきと自己受容

Aさんは、「なんでこんなことになったんだろう?」と考え始めます。そして、自分の「良い人ぶっている」傾向が、ずいぶん前からあったことに気付きます。

Aさんは、つねに出来の良い弟と比較されて育ちました。3歳年下の弟は、小さいころからとても勉強ができ、Aさんが進学できなかった私立の小学校に通っていました。周囲の期待は、弟に集まり、Aさんは、両親からあまりほめられた経験はありません。

ただ、弟をかわいがっているとき、弟の世話をしているときだけ、ほめられた記憶がありました。「Aちゃんは、いいお姉ちゃんね」、「Aちゃんは、やさしいんだね」と、よく言われたものです。そのことを思い出すと、Aさんは、無性に悲しくなりました。

Aさんにしてみれば、自分に注目してもらうために必死だったんですね。Aさんは、ただ、みんなに振り向いてもらいたかった、存在を認めてもらいたかったという気持ちだったわけです。

そのことに気づいたとき、Aさんは、自分がかわいそうになるとともに、次第に自分自身の気持ちをいとおしいと感じるようになりました。

これが、自分を受け入れる自己受容のはじまりです。よく、「Hit the bottom」と言うのですが、たとえば、どうしようもない自己嫌悪が行くとこまで行ったとき、自分を受け入れる気持が出てきたりします。

Bottomにたどりつくまでに、玉ねぎの皮むきをするように、少しづつ自分の根源的な欲求が見えてきます。そうした根源的欲求が見えてくると、不安や自己嫌悪の気持が小さくなっていくものです。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(389)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ