本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>モンスターたち(8)モンスター達への対応その2

役に立つ心理学コラム「モンスターたち(8)モンスター達への対応その2」

モンスターたち(8)モンスター達への対応その2

昨日に続いて、モンスター達への対応についてお伝えします。

3)観察する

モンスター達は、機関銃のように要求や批判を繰り出します。しかし、そうした要求は、途中から同じことの繰り返しになったり、話しの本質からどんどん離れていったりします。ほとんどの場合、彼らの主張は、最初の5分で全て語られています。ですから、モンスターの主張を最初の5分程度は、聞く必要がありますが、その後、繰り返しモードや脱線モードに転換した後は、詳細な内容に乗る必要はありません。

それよりも、彼らをよく観察することです。すなわち、言葉以外のメッセージに注意を向けるということです。彼らの怒りがどんなに強力に見えても、よく観察すると、おびえの表情が見て取れます。ほとんどの場合、彼らは、自分の理不尽さを心のどこかで気づいています。ですから、必ずと言ってよいほど、おびえのサインが表に出てきます。

チックがあったり、声が震えたり、目がきょろきょろしていたりします。そうしたおびえのサインを見つけることです。そうしたサインに気づくことができれば、攻撃されている側の気持ちに、少し余裕ができます。


4)攻撃対象となった人をひとりにしない

モンスターから攻撃を受けたときには、攻撃されている人をひとりにしないことです。モンスターからの攻撃は、強烈ですから、ひとりで対応するには、荷が重過ぎる場合が少なくありません。ですから、攻撃を受けている側は、一枚岩となって、攻撃を直接受けている人を徹底的に守る姿勢が必要です。


これまでモンスター達の特徴と対処法についてお伝えしてきましたが、攻撃を受けた側は、毅然とした態度をとることが大切です。自分達の行動をチェックして問題ないと判断されたら、堂々としていることです。昔のお侍さんのように、気で圧倒するくらいの強い意志を示すことです。なかなか、大変な時代になったものです。

ただ、間違ってはいけないのは、「要求をする人」、「主張する人」、「抗議する人」の多くは、モンスターではないということです。モンスターは、少数です。

従って、「要求をするから」、「主張するから」、「抗議するから」という理由で、単純にその人をモンスターと決め付けないように注意しなければなりません。そんなことをすれば、自分たちがモンスターになってしまいます。

かく言う僕も、うっかりすると、モンスターブロガーになってしまう可能性もあります。気をつけなきゃ。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(389)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ