本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>ブタもおだてりゃ・・(1)」

役に立つ心理学コラム「ブタもおだてりゃ・・(1)」」

ブタもおだてりゃ・・(1)」

2000年6月から始まるSummer Semesterで、僕は、CIIS卒業までの最後の授業となる「Integrative Seminar」をとりました。

このクラスは、魔のリサーチのクラスを受け持っていたバーマンがインストラクターをしています。従って、僕は、CIIS最初と最後にバーマンのクラスをとる事になりました。

「Integrative Seminar」の中で、学生達は、ポートフォリオと呼ばれる論文集をまとめます。ポートフォリオは、4つの論文から構成されます。4つの論文とは、「リサーチデザイン」、「トランスパーソナル」、「自由課題」、「ケーススタディー」で、「ケーススタディー」、「自由課題」については、枚数の制限はありませんが、その他の二つの論文は、それぞれ20ページ以上となっています。「Integrative Seminar」のクラスの中で、僕達はこれら論文を仕上げていくのです。

「リサーチデザイン」と「トランスパーソナル」については、それぞれ、「リサーチ」のクラスと「トランスパーソナル・サイコセラピー」のクラスのファイナルペーパーがあてられます。

「リサーチデザイン」のテーマは、「ゲシュタルト・セラピーの効果と、その永続性」で、「トランスパーソナル」のテーマは、「カルトはなぜ暴走するのか」についてです。

「自由課題」は、一部の宗教的な指導者といわれる人達が、なぜ現実社会から解離してしまうのかについて書きました。これは、「スピリチュアル・エマージェンシー」のファイナルペーパーを書き直したもので、いってみれば、「カルトはなぜ暴走するのか」の続編にあたります。

また、「ケーススタディー」については、自分が担当している抑鬱傾向のあるクライアントについて、そのアプローチと、プロセス、今後のセラピープランについて新たにまとめました。

これら、4つの論文をあわせると110ページくらいになります。これらの論文を読み返して、書き足りない所を付け加えたりしていると、自分でも、「なかなかよくやっとる」と思います。考えて見ると、僕の人生の中で、これだけ、大量のややっこしい文献を読み、論文を書いたのは、はじめての体験です。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(382)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ