本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>金魚との会話(3)

役に立つ心理学コラム「金魚との会話(3)」

金魚との会話(3)

Zさんの金魚話は、微妙ですが、少しづつ変化していきました。

例えば、びくびくしていたベスは、元気に泳ぎ回るロイの姿を見ているうちに、「マリアは、それほど怖くないのではないか?」と思うようになってきました。なぜなら、泳ぎ回るロイに対して、マリアがなにもできないことに気づいたからです。

おびえのなくなってきたベスは、しだいに自分の中に、ロイのように自由に泳ぎ回りたいという欲求があることに気付いていきました。

そのころ、Zさんは、ベスが隅っこから出てきて少しの間ですが、泳ぎ回ったことをうれしそうに語ったりしていました。彼女の話を聴いていると、本当に金魚たちの中で、そうしたプロセスが起こっているようにも思えてしまいました。

そんなとき、金魚の世界に大きな事件が起きました。

ロイが水槽から飛び出て、死んでしまったのです。そのときのセッションで、Zさんは、泣きながら「ロイが自殺した」と報告してきました。

そして、「でも、私は、ロイがうらやましい。だって、彼は、外に出ることができたんだもの」と言いました。

「私は、ロイがうらやましい」は、彼女が、セッションの中で、はじめて「私」を主語に、自分自身の気持ちを明確にあらわした言葉です。
このセッションの後、彼女の金魚話は、どんどん少なくなり、自分の気持ちを「私は」を主語にして語れるようになり、1ヶ月ほどして、幻覚も妄想もきれいになくなりました。

Zさんのカウンセリング期間は、合計4ヶ月でした。その後、彼女は、学校に復帰して、普通に学生生活を送るようになりました。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ