本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>私だけが治せるという傲慢さ(2)

役に立つ心理学コラム「私だけが治せるという傲慢さ(2)」

私だけが治せるという傲慢さ(2)

前回、「どのようなケアを受けるのかについての最終的な判断は、クライアントさんや患者さんにゆだねる」ということをお伝えしたのですが、判断に迷う場合もあります。

アメリカでインターンをしているころ、ある東南アジア系のクライアントさん(仮にAさんとします)を担当したとき、そうした判断に迷ったことがありました。

Aさんは、うつの症状と幻聴と妄想があったクライアントでしたが、3ヶ月、週1回のセッションを行い、うつの症状もかなり回復し、幻聴はほとんどなくなり、妄想的なコメントがなくなってきたとき、Aさんは、「祈祷師による除霊のセッションを受けたい」と言ってきました。

大きな懸念は、精神病的な症状のあるAさんのようなクライアントさんが、ほとんど精神病的な傾向が収まったとはいえ、心理の深層にアプローチをするような過激な宗教的儀式をされてしまったら、バランスを崩してしまうのではないかということです。

僕は、こうした懸念をAさんに伝えました。しかし、Aさんは、どうしても受けたいらしく、最終的に彼女は、除霊を受けることを決断し、僕も了承しました。

Aさんの国の文化では、そうした祈祷師は、沖縄のユタさんたちに似た存在のようなもので、コミュニティの中で尊敬を集めている存在であるということ、Aさんの国では、文化的にそうした祈祷を受けることが、ごく自然なことであるということなどが、僕が了承した根拠になります。

その結果は、1週間後に明らかになりました。祈祷により、彼女の中に巣くっていた悪霊は追い払われたとのことで、彼女は、まったく元気になりました。もう幻聴も妄想もなくなり、うつの症状もなくなりました。そうした状態は、その後も続き、祈祷を受けた1ヶ月ちょっとしたころ、彼女とのセッションは終結を迎えました。

そのころのスーパーバイザーだった、マリーン・リッチーは、いつものようにポテトチップスを食べながら、「ヨシ(←僕のことです)、クライアントさんのためになるんだったら、(祈祷だろうがなんだろうが)OKなのよ」と豪快に笑っておりました。マリーンは、いつでも明解でした。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(382)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ