本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>トランスパーソナル心理学とスピリチュアリティ(1)

役に立つ心理学コラム「トランスパーソナル心理学とスピリチュアリティ(1)」

トランスパーソナル心理学とスピリチュアリティ(1)

心理学の中のひとつの流れとして、トランスパーソナル心理学というものがあります。はじまりは、人間性心理学の創始者でもあるアブラハム・マズローという心理学者が、提唱したもので、マズローは、トランスパーソナル学会の初代会長です。

人間性心理学では、人間の成長のゴールを自己実現としているわけですが、マズローらは、自己実現を超えた成長があるのではないかと考えました。たとえば、仏教における悟りの境地は、自己実現では説明しきれない部分があり、そうした個を超えた成長までを考えるためにトランスパーソナル心理学が誕生しました。

人間性心理学の考えでは、自己実現とは「自分自身の能力や可能性を十分に発揮すること」と定義され、人間は、そこに向かって成長していくわけです。しかし、自己実現の後、自分や自分のまわりにどのようなことが起こっていくかといったことは、人間性心理学では、十分に語られていませんでした。

僕自身は、個を超えた成長と言っても実感はないですし、悟りの境地がどんなものなのかも、書物で読むこと以上のことはわかりません。ただ、自己実現だけでは説明しきれないものはあるように思います。

そもそも、なぜ人間は、自己実現の方向に進もうとするのかについて、明確な答えがあるわけではありません。そうした、人間の根源的な欲求やいとなみや、人間が生まれて成長し、死をむかえることの意味などについて考えていく学問が、本来トランスパーソナル心理学でした。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ