本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>眠らないと幻覚

役に立つ心理学コラム「眠らないと幻覚」

眠らないと幻覚

仏教の修行の中に、9日間眠らないというものがあるとのことなのですが、そうすると、修行僧に必ず起こるのが、幻覚です。最近TVで見たのですが、海外でも不眠の実験をした人がいて、やはり数日眠らないと幻覚が起きたようです。もっとも、その実験が、学問的に検証に耐えうるものかはわかりませんが・・。

おそらく、人間には、元々幻覚を持つ能力があるのでしょうね。別な言い方をすれば、誰もが幻覚を経験する可能性があるということで、いわゆる精神病患者の人だけが経験するわけではないようです。

例えば、全ての人が夢を見るわけです。夢の世界と言うのは、まったくの幻覚と妄想の世界です。夢の中では、殺人者に狙われるかもしれないし、空を飛ぶかもしれないし、なんでもありの世界です。人は寝ている間に夢を見るわけですが、夢を見ると言うのは、何らかの必要があるのでしょう。

夢は、現実での体験を、体験そのものではなく、心の深層で起こっていたことを、深い心理レベルのままで象徴的に理解し、解釈しているプロセスなのではないかと思います。だから、修行僧が9日間も眠らない修業をすると、深層レベルでの解釈のプロセスが行われず、夢が現実に染み出てきて幻覚体験となるのではないかと思います。

これは僕の仮説ですが、なにも9日間眠らないという荒行をしなくても、人は、現実の体験を十分に深層レベルで解釈できなければ、幻覚と言う形で、覚醒時にも表れてくるのではないかと思います。また、さらには、意識を持ちながら幻覚を解釈することができれば、深い洞察が生まれるのではないかとさえ思います。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ