本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>不安が不安を呼び・・

役に立つ心理学コラム「不安が不安を呼び・・」

不安が不安を呼び・・

前回お話ししたように、僕は、ADHDの傾向が多分にあったと思われます。先生たちも大変だったでしょうね。

しかし、僕の記憶では、相変わらず注意力散漫だったものの、小学校4年生ぐらいになると、50分の授業にはなんとか耐えられるようになり、小学校6年生ぐらいになると、だいぶまっとうな子供(自己評価では)になったように思います。

まっとうとは言え、時には、当時はやっていたベーゴマに夢中になり、授業が始まったのに気付かなかったなんてことはありましたが・・。中学時代を経て、高校生ともなると、ごく普通になった(同じく、自己評価による)と思います。

僕の子供のころは、ADHDなんて言葉はありませんでしたし、ふりかえってみれば、小学校〜中学校まで、僕は、普通に扱われたように思います。騒いだら先生に叱られましたが・・。少なくとも特別扱いのようなものは受けませんでした。しかし、今の時代、僕みたいな生徒がいたらどうなるんだろうと思います。

おそらく僕は、ADHDと疑われ、専門医に診察を受け、リタリンを処方され、親は専門医からADHDの説明を受け・・・などということになっていたかもしれません。担任の先生は、発達障害の勉強会に出て、ADHDの子供にどうやって対応したらよいかを学び、親との面談では、「ADHDと共に生きていく」というテーマが重々しく話し合われるかもしれません。

親は、僕の将来を不安に思うかもしれませんし、また、僕とどのように対応したらよいか、常に自分の言動に注意を払うようになるかもしれません。その不安と緊張は、当然僕に伝わり、僕自身の中では、不安は恐怖に、緊張はパニックにまで高まり、僕の行動はますます不安定なものになってしまう可能性もあり得ます。

そうならないためには、親御さんが不安にならないように、ていねいな説明と十分なアフターケアが必要だと思います。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ