本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>内なる子供

役に立つ心理学コラム「内なる子供」

内なる子供

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

こちらのコラムでお話したように、大人になっても子供の頃の心は、しっかりと存在しています。

子供の頃には、見るもの聞くもの何もかもが新鮮で、ワクワクするものだったのですが、いつのまにか、「何を見てもつまらない」、「興味が起きない」、「何をやっても退屈だ」などという状態になってしまったりします。

また、小さい頃は、「僕は、○○になりたい」と無邪気に思えたのに、どーせ、何をやってもダメさ」と抑うつ的になったり、「私には、できない、どうしよう!」とパニックになる場合もあります。

でも、どんなにうつや不安が激しくても、心の奥底には、子供の頃のワクワク感や、自分自身を信じる心があります。自分自身を信じ、いとおしいと感じる心は、「健康なナルシズム」と呼ばれ、自尊心の基礎となると言われています。自分自身の最初の冒険の記憶を思い出してみるのは、そうした子供の頃の希望に満ちた生き生きした心をよみがえらせるひとつの方法です。

思い出す冒険は、成功体験にしてくださいね。時々 TVでやっている「はじめてのおつかい」みたいな記憶がいいですね。それでは、僕の冒険話をひとつ・・・


僕の中で今でもはっきりと覚えている「最初の冒険の記憶」は、小学校に上がる直前のできごとでした。僕はそのころ神奈川県川崎市の鹿島田というところに住んでいました。今の JR新川崎駅 があるあたりです。

小学校に上がる前の春休み、ひとりで電車に乗って幼稚園の時の同級生に会いに行った事があります。僕の記憶では、彼(仮にA君としましょう)は、JRの(当時は国鉄の)南武線で30分くらいのところに住んでいました。
僕は、うきうきして南武線に乗り、座席に座って、ずっと外を眺めていました。あんまり夢中に外を見ていたので、南武線の窓に、僕の鼻型がついてしまっていたのを、今でもはっきり覚えています。

最初のうちは住宅街なのですが、武蔵小杉という駅を過ぎる頃になると、あたりは一面のブドウ畑になり、民家もパラパラとしか見えなくなっていきました。その景色の変化は、僕をワクワクさせました。たった30分の旅だったのですが、その頃の僕には、大旅行だったのです。

目的地の駅には、A君とお母さんが待っていました。小さい駅だったので、すぐにA君をみつけることができました。A君と僕は、それから1日中外で遊びまわりました。A君の家の周りは、自然がいっぱいで(今やその面影もありませんが・・)、僕たちは、あらゆる秘密の場所を探検に行きました。そのため、僕たちは泥だらけになってしまったので、A君の家で風呂に入り、その後、ラーメンをご馳走になりました。

思う存分遊んで、たくさん食べて、夕方になり、家に帰る時間になりました。A君とお母さんが南武線の駅まで送ってくれました。駅までの道で、夕焼けがとてもきれいだった事を覚えています。いつまでも手を振るA君と、A君のお母さんと別れてから、再び僕の南武線大旅行になりました。

しかし、今度は、様子が違っていました。
あたりは、みるみるうちに暗くなり、南武線の窓から見えるものは、時々不気味な音をたてながら通り過ぎる踏切だけになりました。今でこそそのあたりは住宅街になっていますが、その頃はなにしろ一面のブドウ畑でしたから、日が暮れると真っ暗になってしまいます。そして、南武線の中には、ほとんど乗客がいませんでした。

窓から外を見ていても、いつまでたっても街の明かりが見えてきません。僕は、しだいに不安になっていきました。「反対方向の電車に乗ってしまって、自分の家からどんどん離れていってしまっているのではないか?」といった疑問が頭に浮かんでからは、もういけません。その疑問は、しだいに確信に変わっていきました。「間違いない。反対方向に進んでいる」、「このままでは、知らない場所に行ってしまって、帰れなくなってしまう」との思いが、みるみるうちにふくらみ、僕は、その確信に囚われていきました。

「次の駅で降りて、ひき返そうか」と考え始めるようになり、ひとつの駅に着いたとき、ついに、僕は降りる準備をしてドアのところまで行きました。そこは大きな駅で、どこか見覚えのある駅でした。武蔵小杉の駅でした。武蔵小杉には、昼によく来たことがあったのですが、夜の駅は、様子が違いました。そこが武蔵小杉駅であるとは確信はできなかったのですが、僕は、電車にとどまることにしました。武蔵小杉であれば、家に向かっている事になるのです。

それからは、もはや座っていることができなくなりました。ドアのところに立って、外を眺め、必死の思いでどこかに見覚えのある景色はないか探しました。やがて、民家の数が増え、見覚えのある小さな川とそのそばの踏切を見つけました。僕は、「まちがいない、まちがいない」と心の中で叫びました。そして、僕の家がある鹿島田の駅についたとたん、僕は走り始めました。早く家に帰りたかったのです。

僕の記憶では、改札口に父と母と弟が待っていました。僕は、その姿を見つけると、走るのをやめまし息ははずんでいるのですが、なにごともなかったようにすまして改札で駅員さんに切符をわたしました。自分があせっていた事に気づかれたくなかったのです。母が、僕に「だいじょうぶだった?」と聞いてきたと思います。僕は、「こんなの、へっちゃらだよ」と答えた事を覚えています。ぜんぜん「へっちゃら」ではなかったのですが・・・。

僕の中では、鹿島田の改札口の明かりの中で待っていてくれた父と母と弟の姿が、とても幸せなシーンとして残っています。その後の人生は、順風満帆とはいかなかったし、トータルすると失敗した冒険の方が多いと思うのですが、このときの記憶は、今でも僕を元気づけます。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(389)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ