本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>統合的カウンセリングの実際(1)

役に立つ心理学コラム「統合的カウンセリングの実際(1)」

統合的カウンセリングの実際(1)

統合的なカウンセリングについてこれまでお伝えしてきましたが、実際には、どのようにセッションが進んでいくのかについて、DV被害者へのカウンセリングを例として、お話したいと思います。

DVは、夫婦間や親しい仲での暴力を指します。たいていは、夫から妻への暴力です。DVは、度重なる断続的な暴力により、被害者に深刻なダメージを与えます。どんなに聡明な方でも、度重なる暴力を受けると判断力が鈍り、自分の感情や考えがわからなくさえなってしまいます。

そうしたクライアントさんが相談に来たとき、まずやらなければいけないのが、安全の確保です。公的な機関と協力するなど、ソーシャルワーク的な対応も必要になる場合もあります。

心理面では、多くの場合、まず認知行動的なアプローチをして、危険を避ける行動や考え方をクライアントさんに理解していただくことが主な目的となります。

また、クライアントさんが実家に避難する場合などは、ご両親にカウンセリングに来ていただき、DVに対する理解をしていただくなども、必要に応じて行います。



(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ