本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>言葉が通じなくても・・

役に立つ心理学コラム「言葉が通じなくても・・」

言葉が通じなくても・・

共感は、心の非常に深い部分、自分と相手の間の境界線が希薄になり、あたかも主観が、行き来するような感覚の場で起こります。こうした、自分の主観が他人の主観と混じりあうような場を、「間主観的な場」と言います。そして、他人を主観的に感じている状態を間主性と言います。 例えば、自分のすぐ横に、とても悲しそうに泣いている人がいるとします。あまりに悲しそうなので、その人がなんで泣いているのかわからないけれど、自分も涙してしまうというようなとき、そのふたりは、間主観的な場におり、共感が生じていると言えるでしょう。

僕と妻で義母をモニュメントバレーに旅行に連れていったことがあります。そこで、先住民族のナバホ族の人が太鼓をたたきながら歌を歌ってくれたのですが、そのとき、ナバホ語がわかるはずがない義母が、「意味はわからんけど、なんだか、悲しい曲やねぇー」と、涙を流していました。彼女は、ナバホの人の感覚をダイレクトに感じ、共感したのでしょうね。

共感は、「・・・だから」という理由のもとに起こるのではありません。別な言い方をすれば、言葉や行動や思考に対して共感が起こるわけではなく、感覚や感情のレベルで、しかも言語的な理解が生じるよりもっと深いレベルで生じるものです。 そうした間主観的な深いレベルでの感覚や感情のやりとりがあった瞬間に、はじめて共感が起こるのだと思います。だれにでも共感の能力はありますが、いつでもできるわけではありません。カウンセリングの場では、カウンセラーに偏見や思い込みがなく、自分に正直でいるときに、共感が起こり得ます。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(396)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ