本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>傲慢?、超過敏?

役に立つ心理学コラム「傲慢?、超過敏?」

傲慢?、超過敏?

不健康なナルシズムには、傲慢なタイプと超過敏なタイプがあります。

傲慢なタイプは、自分はみんなの中心にいて注目を集めるのが当然で、人々はしもべであり、自分の意思を実現するための道具であり、当然の如く過剰な称賛を求め、自分の才能や実績を誇示したりします。特権意識があって、限りない成功や権力にとらわれると同時に、けっこう嫉妬深い場合もあります。しかし、彼らは非常にエネルギッシュですから、普通の人がなしえないような偉業を達成したりすることがあります。「モスキート・コースト」という映画の中のハリソン・フォード演じる主人公などは、傲慢なナルシズムの例です。

元々は傲慢なタイプだった人が、壁にぶち当たると、超過敏なタイプのナルシズムになることがあります。超過敏なタイプは、周りの視線や評価を過剰に気にします。「僕のこと、こんなふうに思っていないよね」と自分の評価を過度に確かめようとしたり、過度にびくびくしたり、「私は、そんなつもりじゃなかったの」と、自分がしてしまった「いきちがい」の理由を一生けん命説明しようとします。周りの評価を気にしたり、「いきちがい」の理由づけをするといったことは、だれでもすることなのですが、超過敏なナルシズムは、それが度を過ごしています。「欲望という名の列車」の主人公ブランチは、傲慢なタイプから超過敏なタイプへの移行の例と言えます。映画は、ビビアン・リーの主演作品が有名ですが、ジェシカ・ラング版のブランチもなかなかのもので、真実味があります。

不健康なナルシズムの人たちは、自分自身に対する無条件の絶対的な信頼を育てる機会が少なく、根底に深い空虚感を感じています。その空虚感を見つめることに対する恐怖があるんです。だから、彼らの過剰な行為は、彼らが恐怖から逃れるための必死な試みなんだろうと思います。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(396)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ