本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>いじめによる心の傷は、『自分を愛せれば回復する』?????

役に立つ心理学コラム「いじめによる心の傷は、『自分を愛せれば回復する』?????」

いじめによる心の傷は、『自分を愛せれば回復する』?????

少し前に、「いじめの件数が前の年の6倍になった」というニュースがありました。依然として、というか、よりいっそう「いじめ」の問題は、大きなものになってきているように思えます。

いじめは、被害を受けた側に深刻な影響を与えます。


最近、「いじめ」について、とある専門家のお話を聞き、かなりびっくりしたことがあります。彼(専門家の方)は、「いじめの被害者が回復するのは、簡単なことなんですよ」と言います。彼の主張は、「いじめを受けた側は、自分を愛することができない。自分を愛することができれば、他者とのつながりを意識できる。そうなれば、すぐに元気になる」というものです。

.・・・んー、唖然としてしまいました(と、同時に、僕のこめかみがヒクヒク していたかも??)。いじめの被害者が、心から「自分を愛する」ことができるようにまでなったら、それは、元気にもなるでしょう。しかし、そこまでいくのが大変です。いじめを受けた人たちは、自尊心を切り裂かれているかもしれませんし、自信も失っているかもしれません。うつや、パニックや、自傷行為や、解離にまでいたることも少なくありません。最悪の場合は、自殺です。

そうした人たちに対して、「自分を愛しましょう」なんて言うのは、残酷なことなのではないかと思います。彼らの多くが「自分のことを好きになれない」、「私なんて生まれてこなければかった」と言います。そういう人たちが、自分がかけがいのない存在であると確信するまでには、大変な葛藤があります。

その葛藤によりそい、回復への道をサポートするのがカウンセラーの仕事だと思います。葛藤を乗り越えたとき、はじめて「自分を愛する」ことができるのであって、その段階になったら、もうカウンセリングは、終結のプロセスに入ります。


「自分を愛すれば、簡単に回復する」というご意見には、納得することができなかったので、その専門家の方には、僕の意見をお伝えしておきました。



(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)


向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)


役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ