本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>胎児の発達理論

役に立つ心理学コラム「胎児の発達理論」

胎児の発達理論

危機的な状況を乗り越え、それが精神的な発達につながっていくというプロセスは、胎児のころから続いているという考え方もあります。チェコスロバキアの精神科医(現在は、アメリカ在住)のスタニスラフ・グロフは、胎児が子宮内にいるときから誕生までのプロセスを4つの段階に分類し、そのときの経験が、後の精神的な傾向に影響すると考えました。

グロフによれば、胎児が誕生するまで、BPMT(子宮内で、母親と共生的融合している時期)、BPMU(子宮が収縮し、子宮外に吸い込まれていく時期)、BPMV(母親との相助作用の下に産道を通過する時期)、BPMW(母親からの分離され、誕生する時期)のプロセスを経るとのことです。
BPMTでは、胎児は、安心して平穏な環境にいるのですが、その時期が終わり、BPMUに移ると、子宮から追い出されると言う恐怖を味わい、BPMVの産道で圧迫される苦痛に満ちた体験を経て、BPMWに至って、その危機から開放され新しい世界に誕生すると言うものです。

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(396)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ