本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>変わった形のハンドバック

役に立つ心理学コラム「変わった形のハンドバック」

変わった形のハンドバック

「(恋愛)共生期」は永遠には続かず、やがて、「(恋愛)分離−独立期」が始まります。人は、それぞれ思考回路が違いますから、それは、自然なことです。 例えば、僕が買い物に行くとき、もし本を買いに行こうということであれば、まず真っ先にショッピングモールの本屋に行き、目的の本を買って、買い物終了です。

ところが、妻は、そういうわけにはいきません。「バックを買いに行く」と言いながら、「この服かわいい」と立ち止まり、試着までして買わず、今度は、家具売り場でソファーに座り「座り心地いいねー」と満足し、しかし、我が家には、そんなに大きなソファーが入るスペースはないので、もちろん買わず、結局、「こういうのほしかったのー!」で、靴を手に入れるというはめになるという始末です。

僕は、家に帰ってうれしそうに靴をながめている妻に向かって、「変わった形のバックだねー」と、皮肉混じりに言うのですが、彼女には馬耳東風で、逆に、「だいたい、いきなり目的の売り場に行ったら、その途中にあるそのときにしか買えないものを見逃しちゃうじゃないの!」などと反撃を受けてしまいます。 彼女の言い分ももっともだと思ってしまうのは、我が家がりっぱに「再接近期」に入っている証拠かな・・?


☆マーラーの理論の中の「Separation-Individuation 」は、「分離−独立」ではなく、「分離−個体化」と訳すのではないかという指摘を、僕が勤務しているアライアント国際大学の大学院生から受けたのですが、「個体化」という訳は、どうもしっくりいかないので、僕は、「分離−独立」という訳語を使っていますので、ご了承を!

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ