本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>心理学の統合への動き

役に立つ心理学コラム「心理学の統合への動き」

心理学の統合への動き

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

前回、臨床の分野での心理学の理論には、
1)精神分析
2)認知行動
3)人間性心理学
の3つの大きな流れがあることをお伝えしました。

こうした考え方の違いは、当初は論争を巻き起こし、混乱を招いていたのですが、近年では、「それぞれの理論は、人間の心のある側面を記述しているに過ぎない」という考え方が一般的になってきています。そうした傾向から、今度は、それぞれの考え方を統合しようという動きが出てきています。

M.ギルの「再体験療法」は、基本的に精神分析の立場をとりながら、分析だけでは治癒は起こらないとし、人間性心理学的な「今、ここで起きていること」に注目した心理療法です。

また、H.コフートが提唱して、現在非常に注目されている自己心理学は、やはり精神分析から出てきたものですが、人間性心理学の主張する「基本的な成長欲求」を理論家したものです。

また、最近では、認知行動の側から、主に人間性心理学で重要視されてきたマインドフルネス(平穏にゆったりと内面に向かって意識を向けている状態)の概念を積極的に取り入れたDBT(弁証法的行動療法)をはじめとする認知行動の第3の波と呼ばれる諸理論<が提案されて、これまた大きな注目を集めています。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ