本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>心理学の3つの流れ

役に立つ心理学コラム「心理学の3つの流れ」

心理学の3つの流れ

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

カウンセリングや臨床心理学というもの自体歴史が浅く、黎明期にあるわけですから、絶対的な理論というものはあるわけがなく、また、たぶん今後も出てこないでしょう。絶対的な理論というのは、数学や物理の世界ですら存在していないですからね。

いわゆる近代心理学というものは、フロイトが無意識を「発見」し、精神分析の理論を提唱しはじめた100年ほど前に誕生したと言われます。その後、さまざまな理論が提唱され、現在では、およそ3つの流れになっていると言ってよいでしょう。

臨床的な分野で、最初に世に出てきたのは、精神分析療法です。精神病理を含むなんらかの精神的な傾向は、過去の経験を分析することによって理解できるという考え方で、その原因を理解できたとき、病理から回復するという考え方です。

次に出てきたのは、行動療法です。行動療法の人たちは、過去を分析しても治癒は起きず、現在の行動を変えていくことで治癒が起こるとしました。この考えは、やがて認知行動療法へと発展していきました。当初、行動療法ないしは認知行動療法の人たちと精神分析両方の人たちは、激しく論争し、認知行動学派の学校では、精神分析の理論を教えず、また、その逆もありました。現在では、そうしたことはほとんど見られませんが・・。

その後出てきたのは、人間性心理学の人たちです。彼らは、精神分析も認知行動も、人間のネガティブな側面ばかりを強調していると批判し、「人間には、元々成長への欲求があって、そうした欲求を活性化させていくことで治癒ないしは成長が起こると考えました。

人間性心理学の流れからは、やがて実存主義心理学、トランスパーソナル心理学などが生まれていきました。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ