本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織崩壊のサイン・・(6)

役に立つ心理学コラム「組織崩壊のサイン・・(6) 」

組織崩壊のサイン・・(6)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

6.スケープゴートの発生とモラルハラスメント。

幹部から中間管理職の自己アピール度が強くなると、自分と意見の違うメンバーを徹底的に排除しようという動きが出てきます。特に、業績が停滞したり悪化したりした場合、違う意見を持つ人達は、スケープゴートにされます。

この動きが、モラルハラスメント(パワーハラスメント)を生みます。

モラルハラスメントが始まると、その傾向はエスカレートし、ターゲットにされた人達は、一般常識では考えられないような激しい精神的暴力を受けてしまいます。

モラルハラスメントは、速やかにストップしなければなりません。それが黙認されるようになり、だれもそれを止められないようになったら、組織は、末期症状を呈していると言ってよいでしょう。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ