本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>パワハラを受けたら・・モンスター上司への対応(4)

役に立つ心理学コラム「パワハラを受けたら・・モンスター上司への対応(4) 」

パワハラを受けたら・・モンスター上司への対応(4)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

3.上司を観察する。

前述したように、パワハラ上司の話をまともに聴くのは、最大でも最初の5分までと考えてください。その後は、上司の表情やしぐさを観察しましょう。

多くの場合、視点がきちんとあなたに向かっていないように感じられます。あなたの目を見ているのではなく、あなたの眉間のあたりに視点が向いていたり、焦点があなたの位置より少し後ろで結ばれていたりします。

また、上司が、能面のような顔になっている場合があります。

こうした反応は、パワハラ上司が、冷静な心理状態ではないことを示します。

彼らは、無意識的に、過去の経験を思い出しています。過去に受けた理不尽な扱いの経験、そして、そうした扱いにきちんと抗議できなかった経験、屈辱的な体験などなど、怒りを想起させるあらゆる体験と無意識の中で結び付いています。

ですから、彼らの怒りの本当の対象は、あなたではなく、過去の体験に対してなのです。彼らの視点がきちんとあなたに向かっていなかったり、能面のような顔になるのは、そのためです。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ