本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(19)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(19) 」

組織が崩壊するとき(19)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

今回が共依存型ナルシズムの特徴の最終回です。


12、上にはイエスマン、下にもイエスマン

前回、項目11に「上にはイエスマン、下には傲慢」を挙げましたが、ナルシスト達は、自分に都合がよければ、「上にはイエスマン、下にもイエスマン」になるときがあります。

彼らは、自分をあがめてくれる人を求めます。また、本質的には自信がなく、他人からの評価を気にする人達(特に超過敏なナルシスト達)ですから、部下を自分の陣営に取り込もうとします。部下と自分は一心同体であるような雰囲気を作り出そうとするときがあります。

しかし、彼らは、上に逆らうことはしませんから、部下に対しては、「君たちの気持ちはわかるよ。でも、上がなんと言うかねぇ」などと言って、自分の責任は回避しようとします。

また、下にもイエスマンになったとしても、それは、部下を取り込むまでで終わります。その後は、あらゆる手練手管を使って、自分の思うように自分のアーミー達を支配していくようになります。部下たちが気づいたときには、「上にはイエスマン、下には傲慢」に変貌します。

自分にとって利用価値がなければ、部下はあっさり捨てられます。その際には、項目3で示した「くるくる変わる主張」が認められますし、合理化、否認、投影同一視の自我防衛機制が総動員されます。


13、都合のよい現実しか見ない

ナルシストたちは、自分に都合の悪い情報は、なんらかの理由をつけて無視します。だから、会社が相当まずい状況になっても、彼らの作るパワーポイントの資料は、見事なまでに右肩上がりで美しいです。


まあ、戦時中の大本営発表みたいなものです。この傾向があるので、彼らの周りには、心地よく響く情報しか報告しない共依存的なナルシストが集まってきます。


これだけ共依存的ナルシストたちの特徴をリストアップすると辟易するので、ちょっと休息し、追って、最悪の組み合わせである、傲慢なナルシストのワンマン社長と、共依存的なナルシストのNo.2の組織の典型的な崩壊の過程をお伝えします。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ