本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(12)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(12) 」

組織が崩壊するとき(12)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

これまで見てきたように、組織の暴走において、重要な役割を果たすのが、共同依存的なナルシストたちです。彼らは、火のあるところにガソリンをまいていくようなものです。

そこで、今回から8回にわたって、共依存的ナルシズムをはじめとするナルシズム全般の傾向を見ていきましょう。


1、エネルギッシュな弱者

「傲慢なナルシズム」の場合には、「権利の主張」や、「特権意識」の要素が強いのに対し、「共依存的なナルシズム」の場合、自分を被害者や孤高のヒーローの立場に置いて、その立場をベースに、他者に罪悪感を投げ付けながら、自分の主張を通していこうとします。


2、0−100の価値観

彼らの他者に対する評価は、ゼロか100です。要求を容れてくれたらその人の評価は100点、拒絶されたら0点なわけです。これは、傲慢なナルシズム、共依存的なナルシズム、超過敏なナルシズムのいずれにも見られる傾向です。

また、ボーダーラインと言われる、見捨てられ不安を背景として激しく感情を爆発させるタイプは、さらに過激にゼロか100の評価をします。

しかし、実は、彼らは、自分自身に対しても、ゼロか100の評価をしています。自分に対して40とか70といった評価ができないんです。

ですから、彼らは、100点であることに固執し、自分が100でなくなりそうな危険を感じたら、他者を0点にすることで、見かけ上自分を100点に保とうとします。



(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(378)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ