本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(7)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(7) 」

組織が崩壊するとき(7)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

しかし、それは、業績が良い間、あるいは、社長の思いつきが当たっている間はイケイケムードで、盛り上がるのでしょうが、業績が悪化しだしたら、大変です。

まず起こるのが、業績悪化の犯人探しです。たいていは、会社の妄想的な方針に異を唱えた現実的な感覚を持った社員がターゲットになり、集中攻撃を受けることになります。

実は、集中攻撃を受けた人たちこそが、会社の業績を好転させるキーパーソンなのですが、傲慢なナルシストのワンマン社長と、共依存的なナルシストのNo.2の組み合わせの会社では、彼らは、企業内いじめやリストラの対象となります。

リストラが決行され、その結果、一時的に業績は回復するかもしれません。妄想的な方針は、なんの抵抗もなく遂行され、人件費が削減された分、利益は上がります。

しかし、それは、あくまで一時的なものです。業績は、再び悪化していきます。

この時点が、会社の再生の最後のチャンスなのですが、多くの場合、会社は再生には向かわず、崩壊に向かっていきます。なぜなら、再生のキーパーソンは、ほとんど残っていないからです。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(378)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ