本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(3)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(3) 」

組織が崩壊するとき(3)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

ナルシズムは、このように非常に傲慢な自己肥大の傾向を示しますが、日本のような相互依存的な社会では、少々異なる形であらわれてくることもあります。

日本の社会の中で特徴的なナルシズムの形には、傲慢さを表には出さず、一見謙虚さや利他的な慈悲心をよそおい、また弱者の立場に自らを置きながら、他者をコントロールしようとするタイプも存在します。

しかし、その謙虚さや弱者の立場の裏側には、特権意識や傲慢さが存在しています。 こうした日本的ナルシズムを、僕は、「共依存的ナルシズム」と呼んでいます。

「共依存的ナルシズム」は、欧米型の「傲慢なナルシズム」と違い、外からはわかりにくいと言えるでしょう。

なにしろ、彼らには、自分たちの要求を通していく際に、常に正当そうな理由が存在し、彼らの要求を拒絶する側は、悪人に見えてしまうことすらあります。

彼らの理論は、「私がこんなにみんなのこと(あるいは、組織のこと)を考えているのに、私の意見を採用してくれないなんて、ひどい!」につきます。

彼らは、この理論をもとに、実は利己的な自らの意思を隠蔽し、表面的な利他性を強調することによって自説を正当化し、周りをコントロールしていきます。

いずれのタイプのナルシズムにせよ、こうした人たちが、組織のリーダーや幹部になると、その組織は、暴走し、そしてやがて崩壊します。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(369)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ