本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(2)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(2)」

組織が崩壊するとき(2)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

 
まず、ナルシズムの定義についてお話ししましょう。

ナルシズムは、自己肥大した傲慢さと特権意識を持ち、そのため、他者は、自分の意思を実現するために存在するかのようなパターンを示します。

具体的には、以下のような傾向があります(「DSM−W−TR 精神疾患の分類と診断の手引」医学書院 より引用)。

1)自己の重要性に関する誇大な感覚がある。

2)限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。

3)自分が"特別"であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または、関係があるべきだと信じている。

4)過剰な称賛を求める。

5)特権意識、つまり、特別な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。

6)対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。

7)共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、または、それに気づこうとしない。

8)しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思いこむ。

9)尊大で傲慢な行動、または態度。

このうち5項目以上があてはまると自己愛性パーソナリティ障害と診断される可能性があります。

以後、このコラムの中で「ナルシズム」という場合は、必ずしも自己愛性パーソナリティ障害のレベルではなくても、自己愛の傾向がある程度強い場合を示すこととします。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ