本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>組織が崩壊するとき(1)

役に立つ心理学コラム「組織が崩壊するとき(1)」

組織が崩壊するとき(1)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

人が集まると、さまざまなグループ力動が働き始めます。

そのグループ力動が、メンバー個々の個性や価値観が尊重されない方向に動き始めると、集団内の見えないルール、つまりグループ規範が強くなり、集団は多様性・柔軟性を欠いて硬直化していきます。

こうした硬直化した集団と言うのは、追い詰められると、なにをやりだすのか、まったく見当がつかなくなっていきます。場合によっては、暴走し、やがて集団自体が崩壊の方向に進んでいきます。

集団の硬直化から崩壊へのプロセスは、その集団のリーダーたちがナルシスティックな場合に最も顕著に表れてきます。

ナルシスティックリーダーたちは、自分たちの利益のみに注意が向くため、俯瞰的な視野をもつことができず、次から次へと、まずい手をうつようになります。

彼らは、内省的ではないため、「正しいのは自分で、悪いのは全て他人」と考え、そのための屁理屈を平気で述べます。自分を常に正しい場所に置きたいわけで、そのため、主張が二転三転します。

例えば、現在の麻生政権は、ナルシスティックなリーダー達が率いる組織が崩壊していく典型的なプロセスを示していると言えるでしょう。

今回から、ナルシスティックなトップを持つ集団がどのように暴走し、やがて崩壊していくのかについてみていきたいと思います。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ