本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>逆転移に気づく(3)

役に立つ心理学コラム「逆転移に気づく(3)」

逆転移に気づく(3)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

カウンセラーは、自分の専門的職務能力を維持し向上させるように努めなければなりません。臨床心理士などの資格は、ひとつの通過点であって、その後の努力を怠っては、クライアントに対し不利益になってしまう可能性があるからです。

また、自分の能力を過大に宣伝することは、倫理上問題です。

例えば、「EMDRで、15分であなたのPTSDは完治」などという広告を見たことがありますが、これなどは、言語道断です。確かにEMDRは、有効な技法ですが、15分で全てのPTSDが完治するわけがありません。

そして、専門家は、メディアでの発言にも十分に注意する必要があるでしょう。

例えば、1年ほど前に、女子高生が自分の母親を毒殺しようとしたと報道された事件がありましたが、その事件について、あるカウンセラーが、TVの番組の中で、「彼女は、二重人格です」と断言していました。

そもそも、「二重人格」などという用語を使うところもどうかと思いますが、その女子高生にも会っていない時点で、事件の全貌が明らかになっていない時点で、こうした発言をすることは、倫理上、非常に問題です。

このカウンセラーの中には、自分の有能さを誇示したいという欲求があったのかもしれません(実際は、逆の結果になったと思いますが)。こうしたカウンセラーは、自分自身を見つめることができていないと言えるでしょう。

専門家としての責任をまっとうするために最も必要なことは、「自分自身を等身大に見つめる」ということです。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(376)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ