本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>さまざまなナルシズム(1)

役に立つ心理学コラム「さまざまなナルシズム(1)」

さまざまなナルシズム(1)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

ナルシズムは、さまざまな精神病理の根底にある傾向だと、僕は考えています。

以前、このコラムでも書いたように、ナルシズムには、健康なナルシズムと不健康なナルシズムがあります。

健康なナルシズムとは、「自分自身を受け入れ、等身大の自分を愛している状態」で、精神的にはまったく健康な状態と言えます。

一方、不健康なナルシズムは、簡単に言ってしまえば、「条件付でしか自分を愛することができなくなった状態」です。

不健康なナルシズムの傾向があれば、条件になんとかしがみつこうとするでしょうし、その条件が満たされないことがはっきりしたら、社会から撤退することにもなるかもしれません。

以下に、不健康なナルシズムについて、僕が考える分類を以下に示します。


1)傲慢なナルシズム

他者から過剰な称賛を求め、自分の才能や実績を過度に誇示する傾向で、多かれ少なかれ、特権意識があり、成功や権力にとらわれます。そうした傾向が進んでくると、他者は、自分の意思を実現するための道具であると思うようになります。


2)共依存的なナルシズム

表面的には、利他的であり、献身的なのですが、その内面では、「自己犠牲もいとわず、他者をサポートする」という言動で他者から称賛されることによって、自分の存在価値を確認しようとする精神的な力動が働いています。
彼らは、謙虚さをよそおい、また弱者の立場に自らを置きながら、他者をコントロールしようとする傾向があります。そして、謙虚さの裏側には、特権意識や傲慢さが存在しています。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ