本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>クライアントを傷つけてしまうカウンセラーのパターン(9)

役に立つ心理学コラム「クライアントを傷つけてしまうカウンセラーのパターン(9) 」

クライアントを傷つけてしまうカウンセラーのパターン(9)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

これまで8回にわたり、クライアントに対し破壊的になりうる8つの逆転移のパターンについて説明してきましたが、これらの逆転移がまったく起こらないというカウンセラーはいないと言ってよいでしょう。

大切なのは、カウンセラーが、「自分の逆転移の傾向にしっかりと気づいている」ということです。

そして、そうした「逆転移に気づいたら、軌道修正」していけばいいのです。そして、このクライアントを自分が担当するのが適当なのかどうかを、常に注意していく必要があるでしょう。

また、クライアントは、こうしたカウンセラーに傷つけられたと感じたら、はっきりとそのことをカウンセラーに指摘してもいいんです。カウンセラーは、クライアントからの批判に対し、非防衛的に対応しなければなりません。

その結果、もし、カウンセラーがより防衛的になって、よりクライアントを傷つける姿勢を示すようであれば、そのようなカウンセラーにカウンセリングを受けてもなんの意味もありませんから、他のカウンセラーに変えたらよいかと思います。カウンセラーを選ぶ権利は、クライアントにあります。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ