本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>クライアントを傷つけてしまうカウンセラーのパターン(7)

役に立つ心理学コラム「クライアントを傷つけてしまうカウンセラーのパターン(7) 」

クライアントを傷つけてしまうカウンセラーのパターン(7)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

7)クライアントに対し、やみくもに助言を与える。

助言ばかり与えるカウンセラーは、クライアントのプロセスを見守る余裕がないのです。

クライアントが自らの力で自分自身をプロセスしていくのを見守るのは、カウンセラーにとって緊張に満ちた体験になる場合が少なくありません。その緊張に耐えられないカウンセラーは、自らの苦痛を和らげるために、クライアントに助言を与え続けます。

そして、彼らは、クライアントの自己回復力、自己治癒力、成長能力などを、信じることができないのです。すなわち、「クライアントは、ひとりでは、なにもできない」という意識から、「自分がなんとかしなければ」と強迫的に助言を与えるのです。

彼らも、やはり、失敗を恐れています。「失敗するかもしれない」という恐怖を、マシンガンのような助言が覆い隠してくれます。カウンセラーは、このような場合、クライアントのためではなく、自分のために助言しているのです。

こうしたカウンセラーは、不必要な自己開示をしがちです。自分がどのように人生の中の困難を乗り越えてきたかなどをとうとうと語り始めたりするかもしれません。カウンセリングの焦点は、クライアントのケアから、カウンセラーの欲求の実現に移ってしまいます。

助言を与える時、それが、だれのためになされているのかをカウンセラーは、常に意識していなければなりません。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(395)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ