本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>専門家を選ぶコツ(3)

役に立つ心理学コラム「専門家を選ぶコツ(3) 」

専門家を選ぶコツ(3)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

医師の中には、「うつにはカウンセリングは必要ない」などと言う人がいます。

また、カウンセラーのなかにも、カウンセリングの効果に過度に固執し、「投薬治療は有害だから全く認めない」という人がいます。

これらの人たちの考え方には、問題があります。

最近の欧米の考え方では、ある程度のレベル以上の「うつ」、「パニック」、「不安」などのケアには、カウンセラーと医師の相互の協力によるケアが最も効果的であるとなっていて、そうした研究結果がたくさん発表されています。

クライアントさんの、医者にかかりたいという希望をカウンセラーが否定したり、患者さんのカウンセリングを受けたいという希望を医師が否定することは、倫理上も問題です。

そのほか、専門家がクライアントさんや患者さんを傷つけてしまうことがあります。詳しくは、「カウンセラー倫理」カテゴリの"クライアントを傷つけてしまうカウンセラーのパターン"をご覧ください。

カウンセラーや医師などの専門家に傷つけられたと感じたら、はっきりと抗議してもいいんです。抗議に耳を貸さず、自己正当化的な防衛をするのであれば、それは、もはや専門家とは言えません。

ただし、自己正当化的な防衛をしないということは、単に「そうですね。おっしゃるとおりですね」と言うことではありません。

クライアントさんからの抗議はしっかりと聞き、その抗議に同意するにしても、「No」と言うにしても非防衛的に対応するのが専門家の役目でしょうね。

カウンセラーや医師にとって理不尽な抗議という場合もないとは言えませんし、クライアントさんや患者さんの思い込みによる抗議という場合もあるでしょう。そうした場合にも、なぜクライアントさんや患者さんが傷ついたのかを探究する姿勢が専門家には必要です。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(366)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ