本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>即興の大切さ(2)

役に立つ心理学コラム「即興の大切さ(2) 」

即興の大切さ(2)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

また、傾聴攻撃もありますね。クライアントさんの目を見ながら、大きくうなずき、「悲しかったんですね」などと、クライアントさんの言ったことをそのまま繰り返すだけ・・というセッションをする人もいます。

昨日お話ししたミラーリングの方も、今回の傾聴の方も、なんとなくご自身がやっておられることに満足されているようで、満面の笑みをたたえていたりするのですが、こんなカウンセリングでは、クライアントさんは、不満だらけでしょうね。

でも、カウンセリングの講座を開いたりすると、こうした紋切り型のセッションをする人が多いんですね。

おまけに、そうした紋切り型で、とてもカウンセリングになっていないと思われるようなロールプレイの後で、クライアント役の人が、「ミラーリングをやってもらって、とても私のことを理解してもらっていると感じ、感動しましたぁ」とか、「傾聴していただいて、とても癒されましたぁ」なんて言ったりするんです。

本当に、そんなこと感じてないでしょ?

カウンセラーが、予定調和的なおためごかしなコメントを言っちゃあいけません。ものたりなかったら、「ものたりない」と言わなきゃ。

僕は、自分の本の中でサイコシンセシスという理論やその中のイメージを使った技法をちょっと解説しているのですが、そのため、僕がイメージ療法的なアプローチを頻発するカウンセラーだと思われてしまうことがあります。

あるクライアントさんが、カウンセリング終結のときに、「向後さんに20回のセッションを受けたのだけど、イメージワークは、3回だけでしたね」と笑いながらおっしゃっていました。

まあ、そんなものでしょう。技法より大切なことがたくさんあるんですよ。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(364)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ