本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>スーパービジョン(2)

役に立つ心理学コラム「スーパービジョン(2)」

スーパービジョン(2)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

僕が留学時代についた8人のスーパーバイザーは、場所がサンフランシスコということもあって、みなさん複数の理論を適用する、いわゆる統合的なカウンセリングをする人たちでしたが、それでも、それぞれそのカウンセラーの考え方の軸となるような分野を持っていました。

同じ統合的カウンセリングといっても、認知行動療法を軸としていたスーパーバイザーもいましたし、来談者中心療法を軸にしていたスーパーバイザーもいるといった具合です。

僕は、あえて、いろいろな分野のスーパーバイザーを選びました。軸にしている理論をあげてみると、認知行動療法、実存主義心理療法、自己心理学療法、ゲシュタルト療法、来談者中心療法、ソリューションフォーカスアプローチなどです。

また、カウンセラーだけではなく、ソーシャルワーカーにスーパーバイザーをたのんだこともあります。カウンセリングをしていると、ソーシャルワーク的な仕事にも精通している必要性を感じたからです。

たいてい、同じ時期に2人のスーパーバイザーがついたのですが、僕は、まったく毛色の違うスーパーバイザー2人にスーパービジョンをしてもらったりしました。

例えば、認知行動療法を軸にしたスーパーバイザーと実存主義心理療法を軸にしたスーパーバイザーに同時にスーパービジョンを受けたりしました。この目的は、同じケースについて、それぞれのカウンセリング理論が、どのように解釈するのか、どのようにアプローチするのかを、明確化するということです。

少々無茶な要求かなと思ったのですが、僕の方からスーパーバイザーに頼みに行った時、ふたりのスーパーバイザーは、「それは、なかなか面白いね」と言って、快く引き受けてくれました。

この経験は、とても面白かったです。それぞれのスーパーバイザーが、とても興味を持ってくれて、スーパービジョンの中でいろいろなアイデアが生まれました。

今でこそ、認知行動療法的な考え方と、実存主義心理療法的な考え方を統合したDBT(弁証法的心理療法)やACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー)などが有名になってきましたが、僕がスーパービジョンを受けていた頃は、そうした一連の統合的理論が生まれ始めていた時代で、まだ大きな注目を集めるところまでいっていませんでした。

そんな時代に、僕の要求を快く引き受けてくれたスーパーバイザーたちには、感謝しています。また、今から思うと、「僕ら、けっこう先駆的なことやっていたじゃん!」なんて思ってしまったりもします。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(389)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ