本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>カウンセラーの心のクセ

役に立つ心理学コラム「カウンセラーの心のクセ」

カウンセラーの心のクセ

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

カウンセラーに前回お伝えした純粋性がないと、さまざまな不都合が生じます。

カウンセラーが、自分の心の中のプロセスに気づいていないわけですから、クライアントさんがカウンセラーに依存するようにしむけたり、カウンセラーがクライアントさんに対する自分の優位性を保とうとしたり、カウンセラーが自分の主義主張をクライアントさんに押し付けようとしたりといったことが、無意識のうちに起こりえます。

カウンセラーは、普段から自分の心のクセに注意をはらっている必要があります。

例えば、「どうも、ほめられると調子にのりすぎる」、「他人を自分の思う通りにコントロールしたいという願望が出ることがある」、「勝ち負けにこだわる」などなど、探せばたくさんあるはずです。そうしたクセを冷静に見つめる目が必要です。

カウンセリングにおけるトラブルの多くは、カウンセラーに純粋性が欠けている場合に起こります。カウンセラーが自分の経験ばかりを話してクライアントさんの話す時間が少なくなったなどというようなケースでは、カウンセラーが自分の自己顕示欲を満たす方向でセッションを進めてしまった、あるいは、クライアントさんがあまりしゃべらないので不安になり、不安を打ち消すためにしゃべり続けてしまったなどということが考えられます。

カウンセリングは、あくまでクライアントさん中心で考えなければなりません。そうした姿勢が保てなければ、共感は生じません。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(396)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ