本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>人格の統合と身体感覚

役に立つ心理学コラム「人格の統合と身体感覚」

人格の統合と身体感覚

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

解離性同一性障害のクライアントさんは、セッション中に交代人格が出てくることが少なくありません。人格が交代する時には、よく注意しているとなんらかのサインがあることに気づきます。ちょっとした目の動き、指先の
ふるえ、チックなど非言語メッセージを捕まえることは、とても重要です。

セッションの中で、解離性同一性障害のクライアントさんの左手が微妙に震えているのに気がついた時のことです。

僕は、交代人格が出たがっているのではないかと推測し、クライアントさん(主人格)に、左手の震えに注意を向けるように促しました。すると、左手の震えが激しくなりました。

僕は、クライアントさんに、左手を意識しているとどんな言葉が浮かぶか聞いてみました。「怒り」や「イライラ」といった言葉が左手の感覚に近いとのことですが、それでも左手の動きは変わりません。

なかなかピッタリした言葉が浮かばないので、僕も、思いついた言葉を挙げていきました。そのうち、僕が「敵意」と言ったとき、彼女の左手の動きがぴたっと止まりました。

彼女によれば、その瞬間「左手から、自分の心臓に向かって、熱いものが流れてくるような感じ」だったと言います。そして心臓のあたりにもやもやした嫌な気分が残ったのだそうです。このもやもやした嫌な気分が「敵意」という気持ちを表していたわけです。

主人格は、それまで敵意という言葉は知識として知っていたのですが、感覚としては、どんなものなのか理解できていませんでした。左手から熱いものがながれてきた瞬間、彼女は、主人格のままで「敵意」という感情を実感することができたのです。

つまり、主人格は、「敵意」という感覚を、主人格でいながら持つことができたわけです。それまでの彼女は、「敵意」という感覚は、別の交代人格に担当してもらっていたのでしょう。

このセッションから1週間後、すごいことが起きました。それまで断片的だった小学校以降の記憶がほぼつながりました。彼女の中の十数個の人格が1週間で統合したのでしょう。

解離性同一性障害の場合、主人格にストレスを与えるような感情は、別の交代人格が担当します。主人格が、さまざまな感情を抱えるようになることができるようになると、人格の統合が進んでいきます。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(389)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ