本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>人格同士の情報交換

役に立つ心理学コラム「人格同士の情報交換」

人格同士の情報交換

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

解離性同一性障害の場合、人格同士の記憶の共有はないと言われています。

ですから、人格それぞれが、固有の記憶を持つわけで、しかも、それぞれの人格は、特定の期間だけ表に登場するわけですから、それぞれの記憶は、以前お伝えしたように、ジグソーパズルのそれぞれのピースの様にバラバラです。

しかし、交代人格同士が仲が良く、そのため、例えば交代人格BとCが、主人格Aをどう守っていくのかについて、話し合うなどということがおこる場合があります。

そのような場合には、交代人格BとCの間で、情報交換がある程度なされている・・その結果、ある程度の記憶の共有があると言ってもよいでしょう。

また、交代人格の何人かが映画を見るような感じで、主人格の行動を見ているなどということもあるようです。さらには、全ての人格の記憶を記録し整理している交代人格があったりする場合もあります。

全ての人格の中で最も、他の人格が何をやっているのかを知らないのは、主人格です。主人格は、ストレス場面になると、深層に引っこんでしまい、他の人格と直接交流することは、ほとんどできません。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(378)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ