本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>解離性同一性障害(3)

役に立つ心理学コラム「解離性同一性障害(3)」

解離性同一性障害(3)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

解離性同一性障害は、多くの場合9歳までの激しい虐待などのトラウマティックな体験によってひきおこされると言われます。子どもにとって、そうしたトラウマ体験は、かかえきれるものではありませんので、こちらのコラムで説明したように、自分が自分でなくなる解離という防衛ことによって、そうした体験をやりすごすしかありません。

その際に、新たな人格を作り、その人格の中に同一化することによって自分自身を守ろうとするのが、解離性同一性障害のはじまりになります。

交代人格にはさまざまなものがあります。攻撃的な人格、理知的な人格、セクシーな人格、子供っぽい人格、自虐的な人格などさまざまです。また、性別や年齢が異なったりもします。

僕自身が解離性同一性障害の方をケアした経験では、人格によって、字体が異なりますし、利き腕が違うこともありました。また、主人格と呼ばれる通常生活の中で主に登場してくる人格は、受動的で、意志決定がしにくい傾向があり、意志決定が必要な場面は、別の交代人格が引き受けることになります。

また、交代人格がストレス場面に遭遇すると、さらに複数の交代人格に分裂することもあります。交代人格は、主人格から分裂した2代目だけではなく、2代目の交代人格から分裂した3代目、3代目から分裂した4代目と、まるで、核分裂のような感じに交代人格が増えていくことがあります。

これらの全ての交代人格が、あたかも主人格を守ろうとしているかのように見えます。

これは、とても苦しいことです。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(389)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ