本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>解離性同一性障害(2)

役に立つ心理学コラム「解離性同一性障害(2)」

解離性同一性障害(2)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

多くの交代人格を持っていると、それぞれの人格は、断片的な記憶しか持ちませんから、日常生活にも支障をきたすようにもなります。

例えば、こんなことが起こります。
1)人格Aが知らないうちに、人格Bがある男性と結婚して一緒に暮らしはじめた。
2)人格Cが激辛カレーを食べようとした瞬間に、人格Dが出てきてカレーを食べてしまった。その後、人格Dがデザートのアイスクリームを食べようとした瞬間、人格Cにもどった。
3)人格Eは、Z君のことが好きで結婚も考えているが、人格Fは、Z君のことが嫌いで、人格Eの知らない間にZ君と別れてしまった。

この3つの例は、実際に解離性同一性障害の方からお聞きした話です。
人格Aは、なぜ、自分がその男性と暮らしているのかがわからないですし、人格Cにすれば、これから辛くて熱い物(カレー)を食べようとしていたのに、口の中に入ってきたものが、甘くて冷たい物(アイスクリーム)で戸惑うでしょうし、人格Eは、結婚も考えていたZ君と知らないうちに別れているわけです。

このように、解離性同一性障害の人たちは、自分の人生を自分で作っていくことが困難になってしまいます。これは、とても苦しいことです。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ