本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>自傷の原因(1)

役に立つ心理学コラム「自傷の原因(1)」

自傷の原因(1)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

自傷には、さまざまな原因があります。家庭における虐待や、いじめ、DVなどの身体的、精神的な暴力が自傷をひきおこします。また、見えない虐待と呼ばれる、外から見えにくい精神的な虐待も、自傷の原因となります。これらは、すべて、自己を否定される体験です。

今回は、学校などにおける集団的継続的ないじめについてお伝えします。

最近のいじめは、以前には考えられなかったような集団的な残忍さを見せます。しかと(集団的な無視)からはじまり、屈辱的なあだなをつけ、かばんを切ったり捨てたりする、しまいには、給食に雑巾をしぼるなどという事までエスカレートする事があります。

しかも、こうしたいじめに、クラス全員が、なんらかの形で加担する事も少なくありません。いじめの実行者は数人かもしれませんが、その他の生徒が観衆(いじめをはやしたてるグループ)や傍観者となって、間接的にいじめに協力します。

さらに、親や先生からなんのサポートも得られないケースもあります。こうしたケースでは、いじめを受ける側は、反抗する気力を失い、彼らのこころは無力感と絶望感に支配されます。彼らは、虐待を受けた人達と同様に、感情を抑圧し、解離を起こします。

以前、あるいじめを受けた人からお話を聞いた時、彼女が、中学の時にいじめを受けた事については覚えているにもかかわらず、その前後の詳細をまったく覚えていないということがありました。これは、彼女がいじめを受けている最中に、自己を防衛するために解離を起こしていたことを示すものでしょう。

そして、これだけの暴力を受けながら、いじめからのサバイバー達は、いじめの当事者達を責めるよりも、「自分の対応がいけなかった」と、自分を責める傾向にあり、その傾向が強まると、自傷行為にまでエスカレートしていきます。

いじめに対して、もし先生や親が、「いじめられる側にも原因があるんだよ」などと言ってしまったら、この自責の念を強化する結果となり、彼らをサポートするどころか、逆により深く傷つける事になります。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(389)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ