本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>自傷と自殺企図(2)

役に立つ心理学コラム「自傷と自殺企図(2)」

自傷と自殺企図(2)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

自傷行為の過程には、2人の自分が葛藤していると言えるでしょう。

一人は、強制的・高圧的・批判的・自罰的な自分で、ゲシュタルト療法では、トップドッグと呼ばれる存在です。彼女(彼)は、「・・すべき」という Shouldismに固執し、「・・できない」自分を執拗に攻撃します。「私は、だめだ」、「私は、最低だ」、「私なんか生まれてこなければよかった」などの考え方は、トップドッグの主張です。また、トップドッグは、自分に向けられたポジティブな評価に対し、「でも」、「しかし」と即座に否定します。「あなたには、こんないいところがあるじゃない」と言われたとき、「でも、そんなところがあっても、誰も振り向いてくれない」などと反論してしまうのは、トップドッグの仕業です。トップドッグは、精神分析の用語に従えば、超自我にあたります。

それに対し、もうひとりの自分は、トップドッグからの要請には抵抗があるのですが、強く自己主張せず、多くの場合、トップドッグに対し従順です。そして、その従順さは、欲求不満をひきおこします。このもう一人の自分は、アンダードッグと呼ばれます。

トップドッグが強いとき、アンダードッグは、防戦一方になります。アンダードッグにも言いたいことはあるのですが、自傷行為をしている場合、その主張は、なかなか表に出てきません。

自傷行為の最中にアンダードッグが必死の抵抗を示す時、自傷が自殺に至るのを止めることができますが、トップドッグが圧倒的に強くなったとき、自殺の危険性が高まります。トップドッグが強くなるに従って、自傷の傷は深くなっていきます。従って、自傷の傷が深ければ、その人の状態は、非常に危険と言えるでしょう。

自傷行為をしている人たちへのサポートにおいては、アンダードッグの言い分を十分に聴くことが重要です。


(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ