本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>ブレストとは?(2)

役に立つ心理学コラム「ブレストとは?(2)」

ブレストとは?(2)

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

日本では、「ディベート型ディスカッション」はしばしば見かけますが、あまり「ブレスト型ディスカッション」は、見かけないように思います。実際企業研修などで、ブレストのエクササイズをやってもらうと、とまどう方が少なくありません。

そこで、今回は、ブレストの中でのコメントの仕方について、ほんのさわりだけ説明したいと思います。

最近、値上げが著しい石油製品について、ブレストしたとしましょう。テーマは、「石油製品の売り上げ増加」とします。
次の中で、ブレーンストーミングに適したコメントはどれか、考えてみてください。

A、ガソリンが一番儲かるのだから、ガソリンに絞って考えよう。
B、ガソリンは儲け頭という考えはいつまで続くかわからない。もっと別の製品の売り上げ増をめざすべきだ。
C、灯油の販売みたいにガソリンも給油車がお客様のいるところに売り歩いたら?
D、使い古しの食用油からガソリンや灯油を作る触媒を開発したら?
E、反原発キャンペーンを盛り上げよう。
F、もっと現実的な議論をしよう。

答えは;
適したコメントは、C、D、Eになります。

A,B,Fがだめな理由は:

Aは:石油製品全体の話をしているのに、「ガソリンに絞ろう」と、議論の方向性を狭めてしまっています。ディベートにおいては、これもありなのですが、「ブレスト」としては、よろしくありません。議論の方向性を狭めてしまうと、斬新なアイデアが出にくくなります。

B、Fは:言っていることは正当ですが、ブレストには、「・・すべき」といった議論は、そぐわないと言えます。

「・・べき」もやはり、議論の方向性を狭めてしまいます。それより、「・・したい」とか、「・・してみては?」といった発想が必要になります。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(355)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ