本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>リスキーシフト、コーシャスシフト、スケープゴート

役に立つ心理学コラム「リスキーシフト、コーシャスシフト、スケープゴート」

リスキーシフト、コーシャスシフト、スケープゴート

(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

前回お話したリスキーシフトとコーシャスシフトについて、もう少し説明を加えましょう。

リスキーシフトとは、「グループの意志が、より過激な方向にいってしまう傾向」で、その結果、以下のような状況が起こりえます。

●他のグループに対する過激な攻撃や敵意に発展する
●リーダーへの絶対服従が起こり、反対意見は封殺される
●メンバーは、より自分をアピールするために過激な意見を述べるようになる
●「すべき」があって、「したい」がない

「神国大日本帝国は負けない」との思想のもとに泥沼化していった戦時中の日本の状況などは、国中がリスキーシフトした例と言えるでしょう。また、過激派の内ゲバや、オウム真理教の事件などもリスキーシフトの結果と言えます。

コーシャスシフトは、「グループの意志が、なにもしない現状維持的な方向にいってしまうこと」で、その結果は以下のようになりえます。
●「できない」、「やらない」理屈ばかりでなにもやらない
●新しいアイデアは採用されない
●「まあいいじゃないか、これまでうまくいってきたんだから」という雰囲気

前例主義や先送りといったことがグループ全体で起きている時、それは、コーシャスシフトのあらわれと言えるでしょう。

リスキーシフトやコーシャスシフトが起こると、グループの結束を図るために、グループ内に生贄を作る「スケープゴート化」が起こりやすくなります。その結果、グループ内の不満は歪められ、全てスケープゴートに向けられることになります。

かつて過激派内で起こったリンチ事件などは、スケープゴート化の例ですし、現在でも、いじめなどの背景には、こうしたスケープゴート化があるでしょう。

スケープゴート化の根底には、メンバー内の不安があります。スケープゴート化は、その他のメンバーが、自分がグループに所属していることを確認し、アピールしようとする試みでもあります

これまでお話ししてきた「強すぎるグループ規範」、「カテゴリーエラー」、「リスキーシフト」、「コーシャスシフト」、「スケープゴート化」を防ぐためには、グループ内のそれぞれのメンバーの多様性を認め、違いを尊重する「ビジョンロジック」と呼ばれる姿勢が必要です。違いから新しいアイデアが生まれるわけですからね。

それから、意見が違うからといって、人格まで批判しないことだと思います。

(向後善之)

役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(376)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ