本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

カウンセリング ハートコンシェルジュ > 役に立つ心理学コラム>『吉福伸逸の言葉』のレビュー2

役に立つ心理学コラム「『吉福伸逸の言葉』のレビュー2」

『吉福伸逸の言葉』のレビュー2

「吉福伸逸の言葉」について、こんなに素晴らしいレビューがアマゾンに載りました。
ちょっと・・・いや、かなり感動です。きっと、深く読み込んでいただいたのだと思います。感謝です。

吉福伸逸氏が残したもの
投稿者 NKB 投稿日 2015/6/16
吉福伸逸氏のことは、これまでに出版された著書や翻訳書、それにいくつかの講演等を通じて知っていたに過ぎないが、その言葉には何ともいえない説得力があると感じてきた。「腑に落ちる言葉の語り手」、吉福氏に対しては特にそんな印象を持っていた。


この本は、まず、吉福氏が送ってきた興味深い人生の軌跡を辿ることから始まる。次に、彼がどのような理論や枠組みを基にしてワークショップを展開してきたのかが詳しく述べられていく。そして、「変化と葛藤」、「セラピー」、「社会」という三つのテーマに沿って吉福氏の言葉を紹介しながら、それぞれについて掘り下げた解説がなされていくという構成である。


執筆者はいずれも、吉福氏が2000年代以降の日本で行ってきたワークショップでアシスタントを務めた人たち。おそらくは、この時期の吉福氏が伝えようとしていた事柄を最も深く受け止める立場にあったのだろう。それぞれの文章からは、吉福氏と身近に接してきた人々ならではの理解が随所にうかがわれ、こちらの心にもスッと入ってきた。

これは、執筆者たちがさまざまな場面に向き合い、時にはもがいたり苦しんだりしながら歩んできた過程が反映されているからだと思う。模倣や借り物の理解ではこうはならないはず。
吉福氏が残したものは、直接的・間接的な影響も含めて多岐に渡るはずだが、この本もまたそうした果実の一つだと思う。

何よりも、単純な言行録とか功績を称えることに終始するような内容ではなくて、読み手が気づきにいたるための材料や視点を多角的・重層的に提供するような作りになっているところがとてもいいと思った。この本そのものが、本書中に述べられている「コンテキスト」(場、背景)となってくれるような気がする。そんな手応えのある書物である。


(本稿は、カウンセラー'sブログより抜粋したものです)

向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)




役に立つ心理学コラム 目次

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング(425)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング心理学(43)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセリング技法(17)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング家族・学校(52)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングナルシズム(24)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング解離、自傷、過去吸(23)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングビジネス(144)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング精神疾患(21)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング依存(6)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングカウンセラー倫理(28)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリングいじめ・暴力(93)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング自己成長・スピリチュアリティ(33)

役に立つ心理コラム|ハートコンシェルジュカウンセリング本の紹介(5)

ご予約・お問い合わせは   フリーダイヤル0120-039-810
火〜金13:00〜22:00 土・祝13:00〜20:00 (日曜日・月曜日定休)

▲ページの先頭へ